バッティングのコツとは?


バッティングフォームの基本から応用まで

 基本から構えまで 

バッティングフォームをうまく身につけるコツや、バットスイングが上達するコツとは、首からヘソ・腰、そして下半身までの体幹がしっかりしていることです。

なにやら抽象的な物言いになってしまいましたが、「体幹」という言葉でいい表していることとは、カラダの全体を使ってスウィングができているか?、そのためには地面をしっかり足でキャッチできているか?、頭がブレないで目線が中心に保っていられているか?、スウィング時に膝を柔らかくしなやかなに軽く折り曲げて、ボールに力を集中して伝えられているか?‥など、これら一連の動きの流れのことをいいます。

何よりも打席では、無理に構えを作らないように、リラックスして自然体を心掛けるべきです。グリップでは両手の小指を外して力みを抜くバッターもいます。グリップの高さは両肩より下あたりの位置を目標にします。
上半身をホームベース上にかぶせた丸まった打法のバッターにしてもグリップの位置は、両肩か、両肩より下あたりが推奨されています。より正確にいえば、投手側の肩あたりの高さを意識するといいようです。球を強く捕らえて打ち返すことができます。

体幹を鍛え上げるには、普段からご飯を2合〜3合程度は食べる必要もあるかもしれません。また、筋肉トレーニングと共に忘れてはいけないのが身体の柔軟性を身につける為のストレッチです。トレーニング前後にやり続けることが大切です。


構えの型には、

(1)平常時の打ち方であるスクウェアスタンス
(2)前方の足は後方に引いて投手に対してオープンになる構えであるオープンスタンス(元ヤクルトの八重樫捕手)
(3)前足をホームベースに近づけて外角球が打ちやすくなるクローズドスタンス(投手からはホームベース上が狭く見え投げにくくなります)

などがあります。

バッティングの基礎を知ろう ボールを捕らえるポイント







 スイングの型 

このような構えを完成型に持っていくためには、素振りの反復練習が必須になります。長い理論的な説明は省いて、具体的なメニューを簡略に書き連ねますと、

(1)まず、両足を肩幅より大きくとって開いた状態で下半身を固定し、上半身だけでバットのヘッドスピード(要はバットスウィング)が重く&速くすることを意識した素振り。

(2)次に、バッターボックスにいる積りで、肩幅に両足を開いて、この状態でも下半身を固定せずともなるべく動かさないことを意識して、連続して素振りをします。


このあたりは以下の動画を参照してみてください。

バッティングの基礎を知ろう アイディアスイングメニュー



ここから引き続いて実際のバットスイングの素振りをします。

(1)ステップ
打席で投手寄りに前足を踏み出し、同時に腰を回転させます。ステップは足一つ分が理想。
前足の踏み出しは、前足の側面を投手に対して並行のままにします。つま先が開いて投手に向くと打ちにくくなります。

(2)バックスウィング
投球モーションに合わせて腰をひねりながら重心を後ろ足に移動させてゆきます。腰のひねり・回転にあわせて、同時にバットを後方に引く動きに移行します。これをバックスイングといいます。バックスウィングの時に体重を後ろ足に移動させますが、打つ時に前足に前につんのめらない程度に若干体重を移し、両足で踏ん張ります。

(3)フォロースルー
バットをスウィングさせて球を弾き返したあと、頭を残して腰の回転&手首の力で振り抜きます。バットで打つよりも腰の回転で打つようにします。打った瞬間、バットを握った上の手をねじりながら、下の手にかぶせるようにします。

(4)上体を回転させる
腰の回転のあとに、上体を回転させることを常に意識し、最後に腕、バットと順々に回転させてゆきます。 この一連の動きでは、頭の動きを最小限に抑えます。頭の動きは目の動きに連動しています。

この打撃のポイントは
>> 垣内哲也 / 大塚光二 7日間野球スラッガー養成プロジェクト などの電子教材も参考にさせてもらいました。バッティングのページでもYouTubeの一部教材動画を掲載しました。




短期間で理想の「筋肉質BODY」に!脅威の筋トレ “HSMT法”




 バットスイングのコツ&テクニック 

もっとも大事なことは、投球を最後まで見ることを意識することです。そして、投手からの球を線で架空に描き、それに沿って打つミートポイントを掴んでおきます。
その他に、

(1)コンパクトに振る
大きなスウィングではなく小さく振り切ることで強い打球や大きな打球が生まれます。

(2)シャープに鋭く振り切る
波立て無いで、シュッとシャープに振り切ることが、いい打球を生むコツです。

(3)芯でジャストミートを
バットの芯で打つことがいい打球を生むコツです。

(4)肩は開かないようにする
投手寄りの肩は腰をひねった時に内側に入り込む反動で、打つ時に開きがちです。
肩が開いてしまうと球から目が離れてしまいます。


バッティングの基礎を知ろう スイング実践指導




続いて、変化球の打ち方を見てゆきます(右投手&右打者を想定)

(1)カーブやスライダーの打ち方
外角に流れていくので、ストレートよりポイントやタイミングをワンテンポ遅らせてボールを捕らえる感覚。

(2)フォークや縦スライダーなど落ちるボールの打ち方
ボールが手元まで来るまで十分に待ち構えて、バットでボールをすくい上げる感覚。

(3)シュートの打ち方
内角に斬れ込んでくるので、腰の回転を利用して、バットで前方へ押し出す感覚で打ちます。
ただし、理論上はこのように言えても、実際はバットがワンテンポ遅れて出るのでどうしてもボールを詰まらせてしまうことが多いパターンです。
これをグリップエンドを掌(手のひら)で包み隠して、オーソドックスなバッティング理論に逆らって投手側の脇を開けて打つことで対処していたのが古田敦也選手でした。


古田敦也の脇開け打法


内角球への対処として、古田選手が身につけた攻略法とは、脇を開けて、肘をたたみながら、腰の回転と共にオープンスタンス気味にボールを前に押し出すようにバットを振り抜いていたことのようです。


ページ



2style.net