バッティングフォームをみる

バッティングフォームを比べてみる

野球スイングの体重移動




若干体重を意識して撮影しているので、実戦とは違って、上体が前に突っ込んだ形になっています。
体重移動を意識した練習といえば、下の阿部選手や高橋選手の動画。









石毛宏典 バッティング教室


野生肌の石毛宏典さんの述べている内容は掴み難いものがあるのですが、ダウンスイングよりも水平のレベルスイングを意識したバットの振りをしています。
ミートポイントもさすがに身体の出来上がったプロの一流選手ですね。

レベルスイングといえば長野選手


年少の頃からダウンスイングをバッティングの基本として教わりますが、概ねプロ選手の場合、スイングは水平に振り抜いている方が多いようです。




大塚光二 上半身で打つ




大塚光二コーチの言う“上半身主導”というのは理屈倒れの感がありますが、おそらく伝えたいこととは、下半身のステップが広い打者に対しては、ぶれない
頭と上半身で球を一点に掴むことを意識させることにあるのだと思います・・・。





動画のコメントにもミートポイントが遠すぎると書かれていました。モデルが子供なので致し方ないのでしょう。
下の内川選手の動画をご参照ください。





ポイントも近く、バットの構えも多少寝かせてレベルスイングに持ってっています。非常に参考になると思います。



イチロー選手


リストの柔らかさなど、下半身から体幹までの強さまで身体的に人より秀でているので、真似はできなくとも、頭には入れて置きたい意見だと思います。





不振時のイチローですが、腰痛なのか膝をかばって膝が割れちゃっているのが分かりますね。年齢による足腰の衰えは確実に来ているでしょうし、その分
上半身と目視を支えきれないから打ち損ないも増えているとも。年齢と共に頚動脈も圧迫されてくるので、一瞬の反応も遅くなります。





「一見いいスイングをしているようで、ワンステップで着地した時に既に右膝が割れて上半身だけで打っています。そのため、力が逃げてしまい強く叩けない。」
この動画のコメントに出ていますが、最近のイチロー選手の不振の理由もこれに近いものがあるのかもしれません。

ついでにこのコメントでは、「形だけが綺麗ってスイング。膝が割れてるフォームの人にありがちだが膝が-割れた後強く鋭くスイングしようと無理に行う為につっ
ぱってしまい決まったポイント(特定のコース)の球しか打てないと思う」と述べています。



ページ



   

LINKページ

2style.net