バッティングのコツ2


バッティング フォーム、コツ、理論

バッティングでは、腕が胴体に巻きつくような感覚でスイングを心掛けます。キャッチャー側にある軸足に重心をのせた状態で腰を回転させ、回転に合わせて腕を一緒に回す感覚です。

ちょうど、 腰 → 腕 → バット ・・・ という順序で出てくることになります。これはピッチャーにも指摘できることで、下半身 → 上体 → 腕 ・・・という順序で出てくるのと同じ流れです。

軸足に重心が乗ってないと、バッターであれ、ピッチャーであれ、ボールにうまく力が伝わりません。
そこからバットを「しならせる」ように振り抜いてゆきます。上半身の力を適度に抜いて振り抜いてゆく感覚ですが、例えば巨人・高橋由伸選手は中学時代に竹竿を用いて素振りの練習に励んでいたそうです。



最初のページで、変化球の打ち方(右投手&右打者を想定)として

(1)カーブやスライダーの打ち方
外角に流れていくので、ストレートよりポイントやタイミングをワンテンポ遅らせてボールを捕らえる感覚。

(2)フォークや縦スライダーなど落ちるボールの打ち方
ボールが手元まで来るまで十分に待ち構えて、バットでボールをすくい上げる感覚。

(3)シュートの打ち方
内角に斬れ込んでくるので、腰の回転を利用して、バットで前方へ押し出す感覚で打ちます。
ただし、理論上はこのように言えても、実際はバットがワンテンポ遅れて出るのでどうしてもボールを詰まらせてしまうことが多いパターンです。

と3パターンを示してきました。



このなかで、インコースが一番距離をとるのが難しいボールです。特に(3)の右打者のインコースにシュート回転で斬れ込んでくるボールに対処するのに難儀します。だからこそ、古田敦也の脇開け打法で示したように、脇と共に身体を開くタイミングを早くしなければ、インコースの球に対処できません。

そのインコースへのボールのなかでも、適度な距離から球を捕らえることが難しいのが内角高めのインハイのボールです。

なぜ距離を取り難いかといいますと、目線に最も近い距離にあって窮屈な状態にあるからです。そうしますと、ボールを十分に引き付けてから打つことができないので、こうしたインハイのボールに対しては、ポイントを前に置いて打つことになります。そうした理由で、古田選手のように脇を開けて「身体を開いて」打つ必要がでてきます。

目線に近い位置ほどポイントは前にくることになりますが、逆に言えば、インローやアウトコースであれば十分に引き付けて打つことができるわけです。それが(1)、(2)で述べているように、ワンテンポ遅らせて、十分に待ち構えて ・・・ ということを意味します。

しかし、注意したいのは「身体の開き」が早いと、“手投げ”や“手打ち”になってしまいます。うまく遠心力が伝わっていない状態です。

当然、下半身の動きも重要で、右打者であれば身体の左側に壁を意識します。左膝が開いた“割れた状態”になってしまいますと、ボールに身体の力を一点に伝えることが難しくなります。このことは、ゴルフスイングなどにも共通した課題です。



※  ※  ※




強く叩きつけた打球が高く弾んで安打になる“人工芝ヒット”があります。

2008年に張り替えられるまでの神宮球場で、しばしば見ることができた現象でした。叩き付けたボールが弾み、三塁手の頭上を越えるヒットになるケースがしばしば見られたのは、神宮での高校野球の試合です。
1997年の夏の甲子園・東東京大会、岩倉高校が決勝で早実高相手に、この叩きつける戦法で甲子園出場を掴み取ります。しかし、天然芝の甲子園では浦添商業高相手に1回戦で敗れ去りました。

バットの形状は丸みを帯びているので、ダウンスイングだからといって、全てのボールがゴロになるわけではありませんが、ボールを叩きつけるバッティング技術の習得もそう容易ではなかったはずです。


レベルスイング 長野久義選手


我々は、ダウンスイングをバッティングの基本として教わります。叩きつけてゴロで弾むと守備の失策や人工芝に助けられて出塁できるチャンスが増えるということが理由のひとつです。

しかしプロ選手の場合だと、水平に振り抜いている方が多いと書きました。そもそも、マウンド上の一段と高い位置から投げられてくるボールを、ダウンスイングをすることで対処する事 そのものが難易度の高い打ち方だと言われています。仮に力強い打球が打てても、低めの変化球に対処し難い打法がダウンスイングです。


ページ



   

LINKページ



3ヶ月で15kmアップ!ピッチングスピードアップ!プログラム
WBCオリンピック日本代表,プロ野球選手コンディショニングコーチ森部昌広による球速UP実践DVD
効果がなければ全額返金。


   バッティングフォームバッティングフォーム


高級クリーニング クリーニング たきもと
2style.net