夜が来る


丁度 蝋燭の火が消えた時から
あった気がする あなたの気配だけが

逃げても無駄だよ 天使は悪魔なんだ
誰も 逆らえない

もう、この想いは届かなくていいよ
もう、涙を拭いてそっと微笑むよ
もう、何も無かったことにしてあげよう
もう、止まる回路

引き返せないくらい 甘くて
何もできない あなたがいなきゃ
疑って 欺いて 夢見る翼を捨てて
意図で繋がる
まるでマリオネット


何故 傷は抉られ消えないのだろう
額さえなければ 価値も判らないのに

美しいものだけ 生き残るのならば
何も 残らないわ

もう、このまま海に沈んでもいいよ
もう、瞼を閉じてそっと眠ろうよ
もう、何も無かったことにしてあげよう
もう、止まる時が

引き返せない 昏い甘さに
何も見えない あなたがいなきゃ
捕まえて 引き寄せて 夢見た翼を捥いで
意図で繋がる 意味を持たない声

手を伸ばしても 遠い
目が覚めてももう 遅い

光を見ても 昏い甘さは
消えたりしない あなたがいたら
繰り返し 繰り返し 追い出す鼓動の所為で
継ぎ接ぎだらけ
浮かび消えるメロディ

2style.net