null & void


欠落した光景にひとつの黒点を
観測されるだけの生 記録は燃やされる

探りあう日々の冒頭へ 舞い戻り危めて
触れられないというのに
足掻く愚かさよ


君の手に遺った 蟠りのような雑音
僕の胸に宿った 尖端のような未練
耳を塞いで眠れ 夜毎繰り返す儀式

鍵が在れど無かれど もう二度と届かない


誰の責も問わず
怯えなくても消えていける

2style.net