『「歌詞の引用は著作権の侵害です」か?』





まずは、前ページに於ける説明不足、また誤解を招くような記述があった事をお詫び申し上げます。





本館の方から来られた方、
また某大型掲示板のとあるスレからお越しになられた方は、このページの意味をお察ししているかと存じます。


『「歌詞の引用は著作権の侵害です」か?』のページを公開してから数日経った頃、
アクセス解析を辿って某大型掲示板のとあるスレまで行き着きました。

そこで前ページが批判(あえて“批判”を使います)されているのを見つけ、本館の日記にて反論しました。

何度かやり取りを交わしている内に、疑問だったものや曖昧だったものが解消され、
結論を言いますと、私は前ページの意見を変えることになりました。



此処でこのような前置きを置いたのは、『「歌詞の引用は著作権の侵害です」か?』の意見に賛同してくれた方にとって、
私が急に意見をひっくり返したら納得できないだろうと考えたからです。

大まかですが、いきさつは上記の通りです。





さて。


まずはこのページのタイトルの『「歌詞の引用は著作権の侵害です」か?』の疑問です。


これは、歌詞の“引用”ならば、著作権の侵害には当てはまりません。

それは前ページで書いていた、
著作権法第三十二条【公表された著作物は、引用して利用することができる。
          この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、
          かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。】
によるものです。

しかしそれ以前に、「歌詞の引用」が、そもそも「引用」に当て嵌まるかが問題になるようです。

この事につきましては後に説明致します。




そして一番重要、このページ最大の問題点についてとなりますが、歌詞の“使用”は著作権の前に、JASRACが管理しております。

私とやり取りを交わしたスレの方が、JASRACに「歌詞の引用は合法か否か」を問い合わせてくれました。(有り難う御座います。)
そのレスの、問い合わせの返信内容引用部分を引用させて頂きます。

引用についてお問い合わせいただいておりますが、はじめに申し上げたいのは、 
「引用」はご利用になる方の権利ではなく、
著作物の権利者が例外的に権利主張しない範囲を定めた取扱いということです。 

「引用」に該当するかどうかは、これまでの判例に基づく要件や、
権利制限の立法趣旨に照らしてケースごとに判断されるものですので、
一概に「どこまでが引用か」ということは言えません。 
「引用」は、学問的な議論のテーマとしては色々な解釈、考え方がある事柄ですし、
だからこそ様々な意見がネット上にあふれています。 

JASRAC管理楽曲のご利用に関して、実務上の観点から申し上げるならば、 
例えばホームページへの歌詞掲載などネットワーク上のご利用では、
たとえ一部であってもその楽曲であることが特定できる場合は、
「引用」ではなく、許諾が必要な「利用」となることを前提としてご案内のうえ、
個別の具体的な事例に応じて判断しております。

「引用」の成立要件は、 
1,引用目的(報道、批評、研究) 
2,明瞭区分性(引用文を括弧でくくるなど、自分の文章と区別する) 
3,主従関係(あくまで自分の文章が主であること) 
4,必然性、最小限度(どうしても引用する必要があることと、分量は必要最低限であること) 
5,人格権への配慮(その著作者の人格権を侵害しない内容であること) 
とされており、これらの要件を満たしたうえで、かつ引用する著作物の 
出所を明示することとなっています。 

これらのことを充分配慮しておこなったとしても、
もし権利者から「引用ではなく利用である」という主張があった場合、
最終的には裁判所で司法の判断を仰ぐ事柄となってしまいます。 

はじめに申し上げたとおり、
「引用」はご利用になる方の権利ではありませんので
「引用」なのか許諾が必要な「利用」なのか判断に迷う場合は、
実例を示してその著作物の権利者の意向をたずねる、
または利用としてあらかじめ許諾を得てから使うということが、
権利侵害のリスクを避ける適切な対応と思われます。 
よろしくお願いいたします。

との事です。


さて、『「歌詞の引用」が、そもそも「引用」に当て嵌まるか』に戻りますが、
JASRACからの回答の中の、「引用」の成立条件の【4】が、私とスレの方の間で挙がりました。
「“必然性”というのは、どういうものに当て嵌まるのか?」となったのですが、
「使用する“必然性”なんて、滅多に無い」と、私もスレの方も同じような考えでした。
引き合いに出すとしても、「そもそもその引き合いすらやらなければ良い」とも、言おうとすれば言えるはずです。
批評、研究においても、「やらなければ良い話でしょう」で済まされ得るものになってしまうと思います。
このように、“使用する側”が主張する“必然性”なんて、否定しようとすればいくらでも否定出来るものです。
よって、『「引用」は滅多に認められない』という結論になりました。

JASRACのFAQにも記載されています。

■質問 
 歌詞は部分的な掲載であれば引用にあたるのでしょうか 

■回答 
 部分的なご利用であってもその曲と特定できる形でのご掲載であれば、
 一般的には許諾が必要な利用となります。
 なお、著作権法上の「引用」に該当するかどうかは、
 これまでの判例に基づく要件などからケースごとの判断となります。
 論文、小説等著作物に、歌詞の一部分を使う必然性がある場合などは、直接お問い合わせください。
JASRAC FAQ回答より、つまり
『著作権法上の「引用」として使用したい場合は、
 管理側であるJASRACに「引用」として使えるかを問い合わせる必要がある』
という事になると思います。

それが必須で無いとしても、
『著作権法上の「引用」に当て嵌まらない』とJASRACが判断を下せば、それは著作権の侵害となってしまいます。



以上により、私は

『 歌詞の「引用」は著作権の侵害には当て嵌まらない。
  しかし、それは歌詞の使用が「引用」だと認められればの話で、
  歌詞(歌)の管理をしているJASRACから「引用」だと認められなければ、それは著作権の侵害となる。 』

と、結論を出させて頂きます。


前ページ、またこのページに記述してある内容等は、
 私自身による素人目での判断、また寄せ集めの意見のまとめでしかありません。
 此処の文章が、“完全に正しいもの”という訳では無い事をご理解願います。
 確かな回答を望むのなら、弁護士に相談するか、JASRACに問い合わせて下さい。

 尚、これらはわたくし歩による、単なる主張ページだと受け止めて頂くよう御願い申し上げます。
 著作権を侵害するつもりも、侵害を示唆するつもりも全く御座いません。


『「歌詞の引用は著作権の侵害です」か?』に対して、思いのほか多数の御意見を頂きました。
どうも有り難う御座います。
そして、お騒がせ致しました。


説明下手な為、まとまりの無い文章ですが、御目通し有難う御座いました。



前ページに於いて、説明不足 また誤解を招くような記述があった事には、今一度、深くお詫び申し上げます。

もし、JASRAC、またその関係者様の御目に触れられるような事が御座いましたら、大変申し訳御座いませんでした。

スレの方々に対しても、どうもお騒がせ致しました。



また至らぬ点を発見次第、追記させて頂きます。

失礼致します。





2005/06/15/wed   歩 .   
   


2style.net