当サイトの趣旨について

  • 定まった職業がない方でも、生活に支障が生じた時に参考にして下さい。
  • 無職の場合で一番困る金銭面での、色々なケースでの多少の節約やお助けを紹介してます。
  • 更新日:2016年7月21日

当サイトの趣旨について

無職の人が増えてますが、利用できるものが減っています

    2016年現在では震災の影響による不況などから前兆もなく無職になった人が増えております。 しかしながら、キャッシングやクレジットカードや分譲マンションの賃貸などは一定の収入があることが申込の条件となっており利用できないことが多いです。 その中で政府が乗り出している対策が生活保護を多く出す前に手を打つような支援制度であります。 営利の企業としたら無職の人から回収する採算が合わない赤字のリスクがありますが、国であれば決定事項として大事な政策として打ちだすので問題ないということなのでしょう。 そこで下記にご紹介するキャッシングが無職でもクレジットカードがあれば全員が申し込めるサービスになってます。 審査基準の形式は、本人確認のみの簡易的なものになります。

単身世帯で無職(35~59歳)の統計データ

    上記の表は2011年での国の統計データから、全国で無職で単身世帯で年齢が35~59の男女を抽出して計算したものになります。 男性の場合は31%の人が無職という集計データで、単身の1/3が該当することになります。 この数字が思った以上に高いことに驚き記事として追記させて頂きました。 女性でも大差はなく24%なので、還暦過ぎた60代で年金受給が始まる年齢に届く前に仕事に就いてない状況の人が意外と多いことが分かります。
    もう1つ調べていて驚いた信頼できるデータが、居住形態の持ち家率になります。 サラリーで働いている真面目な人に比べて、無職の方が断然に持ち家率が高い驚きの結果が間違いなく出ています。 この結果から自己流で推測できることは、住む定まった安心できる家があるから決まった仕事に就く必要がないと楽観的に考えていて、ある程度貯金がある状況のニートの人が多いのではないでしょうか。 上記の表には記載してませんが、1年間の支出という項目では、収入がある立派な人も無職でも同じ金額になっていることからも、必ずしもお金に貧窮しているわけでもなさそうです。

無職がお金を借りる手段としてアリバイ会社を使用する

    2015年ごろからインターネット上で良く見かけるようになったのが、正体不明なアリバイ会社というグレーなジャンルです。 用途は悪い意味で多数あるのですが、融資を在籍確認が原因で受けれない無職のような人に「給与明細」を発行したりして、就労を偽造するサービスもあるようです。 明らかに違法行為なのですが、昔から口伝えで風俗嬢やニートなどが賃貸の入居目的などで利用していたようです。 利用料が1万円以下という格安なのが不信感を増長するような気がしますが、金額が大きいものだと銀行の住宅ローンの融資審査にまで手助けできるようなことも書いてあります。 ただ公式ホームページを見る限りでは、どこも「特定商取引」の欄の記載がいい加減で故意に出鱈目のような気がしますので、無職で困っていても自己責任での利用をお願いします。

このページの先頭へ