FXとは

FXとは、日本語では外国為替証拠金取引といいます。簡単に言えば、外貨取引を中心とした資産運用プランです。ここでは、FX入門ということで、FX初心者向けにFXの魅力や株取引との違いについて説明して行きたいと思います。

まず、FXは小額の投資で簡単に始められるということが挙げられます。株取引だと自己資金として最低でも数十万円は必要ですが、しかし、FXでは1万円から始めることができる場合があります(一般には10万円くらいです)。

すなわち少ない資金で大きな取引ができるということで、資金運用の入門としては、株より手軽かつ簡単で、外貨預金よりは大きく儲けることができるのです。続いて、FXは24時間取引が出来るということが挙げられます。

株の場合は取引時間が9時から15時までと決まっていて、その間中、PCの複数モニターに張り付いて相場の動きを追い続けるのは、極度の神経の集中を要しますし、何よりも昼に働いているサラリーマンにとっては副業としてやるのは難しいですよね。

FXの場合には、相場が動くのは日本時間の夕刻と言われており、これだったらFX初心者サラリーマンでも、勤務時間終了と同時にダッシュで帰宅して、相場をチェックして売り買いが出来ますし、夜間の突然の相場変動にも対応できます。

一日中PCの前に張り付いている必要は無いので、FX初心者でも楽ですし、資金運用入門としても最適で簡単です。株との違いをもうひとつ挙げると、取引銘柄がほぼ決まっているので楽だということです。

円、米ドル、カナダドル、ユーロなど多くても20種類程度の銘柄に限られます。FX初心者はわざわざリスキーな国の通貨に手を出す必要はありません。ドルやユーロなら安心です。

対して株の場合には、主要銘柄だけでも相当数にのぼるので選択が大変ですし、当然リスキーな銘柄もあるわけです。資金運用初心者にとっては、キツい部分が多いのは否定できません。

FXでは数種類の銘柄から選んで、相場の変動を見ながら売り買いをして為替差益で儲けることが出来るのです。



Copyright (C) 2008 初めてのFX初心者ガイド. All Rights Reserved.
2style.net